June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

サヨナラ暗室

今回の改装にあたって、
ひとつだけ淋しいというか、残念というか、
まさに断腸の思いだった事があります。

暗室を閉めたのです。

写真道場も2004年から徐々にデジタル化し、
とうとう昨年、フィルム撮影は一件もありませんでした。


女将は暗室に入る事が何より好きでした。

ほの暗い灯りの下で、
誰よりも早く皆様の写っている姿を見ることが出来る時の喜び。

静かな個室で集中できる貴重な時間。

少しの露光時間の違いで仕上がりが変化する面白さ。

もちろん失敗もありました。

主は決して大きな声を出す事はなく、
根気よく女将にプリントのノウハウを教えてくれました。

もしかしたら、
最初の仕事が暗室作業だったから、
こんなに写真道場の仕事が好きになれたのかもしれません。


今回、暗室を閉めるにあたって、主と何度も話しました。
そもそもは、新しいプリンタを導入する事でした。

新しいプリンタは今までのものよりかなり大きくなり、
導入するとしたら置き場所が暗室以外にはなかったのです。

プリンタを諦めて、暗室を残すのか。
暗室を閉めて、新しいプリンタを入れるのか。。。

女将自身もずいぶんと考えました。

暗室作業が好きだといっても、
そういえば、趣味で籠もる事も最近ありません。
女将の当てにならない趣味だけのために暗室を残すのは、
もしかしたら無駄なのかもしれません。

そして、写真道場の現状を考えると、やはり答えはプリンタでした。


改装のための引っ越しが済んで、暗室の大きなシンクを手のひらで洗った時、
申し訳ない気持ちと感謝の気持ちが入り混じって、
とても悲しく感じました。

080720b.jpg










主がひとりの時から、使いやすいよう作り足してきた暗室です。

080720d.jpg










水洗後のプリントを吊っておくところ。
アイデアものです。

080720c.jpg










現像液の比率や、現像時間をメモしたホワイトボード。

080720a.jpg










でも、フィルム撮影を一切やめたわけではありません。
フィルムがお好きな方も必ずいらっしゃいます。
プリントは全て外註となりますが、
ご要望がありましたら喜んでご撮影させていただきます。
その点はどうぞご安心ください。

今日は長くなりました。
どうもありがとうございました。

扉がつきました

親子ドア。
今回の取っ手は縦型です。
お子さんでも手が届くでしょうか。

080719a.jpg













エアコンの位置が上がりました。
すっきりですね。

080719b.jpg










ミニキッチンの壁仕上げです。
市松柄でとても気に入っています。

080719c.jpg

これはなんでしょう


080717.jpg












筒状の物を収納するオリジナルの「受け」です。
7月6日、3枚目の写真、縦に連なっている筒を置くところになります。

主のアイデアを、デザイナーさんと大工さんが汲んでくださり、
このように面白く出来ました。
木目を生かして仕上がる予定です。

今日は天井の塗装でした。
グレーの色も明るい階調になりました。

080717b.jpg









ちなみに、写真道場の天井耐火被覆材は、ロックウールです。
アスベストの含有はありません。
どうぞご安心ください。

きれいな現場です


080716a.jpg









常に整理整頓されています。


大工さんのかっこいい電気のこぎり。
あっという間に角度をとらえて切ります。
見とれてしまいます。

080716b.jpg









今日は電気の配線の細かい打ち合わせがありました。
背景ペーパーの昇降。
電気屋さんと主との電気回路の話は、女将には理解不能でした。。。

080716c.jpg



壁が出来ていました

数日ぶりに現場に行きました。
もう壁が出来、電気の配線も済んでいました。
呼び鈴の位置も決まり、これからは左側に付きます。
アイホンが欲しい!と主にいいましたが、
あっさり却下されてしまいました。
考えてみれば、おっしゃるとおり、ですね。

さて、今日はこんな感じ。
壁の補強もがっちりです。

080715a.jpg










壁は塗装されます。
色はグレーになります。

080715b.jpg

木枠です

昨日きれいに用意されていた木材が、
すでに壁の木枠となっていました。

早いです。。。
呉々も、お怪我のないようお気を付けください。

080711.jpg

日々、進んでいます

床板もすっかり剥がされ、
明日の用意がきれいに整頓されていました。

今日のメインは、壁の補修だったそうです。

080710a.jpg










壁に何やらメモが。。。
この壁の向こうに、電話線などが配線されているのでしょうね。

080710b.jpg

店内の色

今度の壁の色は、撮影に支障がないようグレーになります。
家具も明るいグレー。
そして床の色も、やはりグレーです。

床といっても様々な種類(色、風合い)があり、
サンプルを見せていただくだけでも楽しいです。

そうそう、巾木の色も様々です。
そこらへんの色決めは、主にお任せ。
お互いのこだわりには干渉せず、穏やかに穏やかに・・・。

今日はこんな感じ。
女将の暗室と、トイレです。

080709a.jpg










壁は全て外されました。

080709b.jpg










この扉の取っ手で、子供さんたちの成長が測れました。

080709c.jpg








ここに手が届かなかった女の子が、今では小学二年生。
小さかった彼女の姿が今でも思い出されます。



壁の下

こんな風になっていたのですね。
いまひとつ、
壁と、もともとの壁の関係を理解できていなかったので、
興味津々です。
背景を収納していた壁も、木枠だけになりました。

080708a.jpg













証明写真の立ち位置の、小さな足の絵も見納めですね。

080708b.jpg








けっこう人気のあった足の絵です。

着工そして解体

今日はあいにくの雨でした。
朝早く蒸し暑い中、
今回の改装をお願いした大山組の皆さんが早速とりかかってくださいました。
ばりばりと音を立てながら、壁や骨組みが外されていきます。

080707a.jpg













お世話になったトイレも外します。
明るいトイレに生まれ変わります。

080707b.jpg













どうか、怪我もなく無事に進む工事でありますように。。。

<<back|<123>|next>>
pagetop